カイロジャーナル | カイロプラクティックジャーナル

  カイロジャーナル

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

カイロジャーナルの最新トピックス

旧カイロジャーナル・ドットコムをご覧の皆様に

カイロジャーナル・ドットコムは、9月11日デザイン、コンテンツを一新しいWebに変わりました。アドレスは以前と同じ以下の通りです。

今後は、この旧サイトのすべてのコンテンツの更新はありません。最新のセミナー情報の取得、申込みなどはできませんのでご注意ください。 2020年9月11日以前のコンテンツは、この旧サイトで確認ができます。よろしくお願いいたします。


代替療法の世界 第21回 「三本の矢」辻本善光 Webセミナー【徒手療法家のための基礎講座】に参加して

一本の矢は折れるが三本では?

 戦国時代の武将である毛利元就の教えに三本の矢がある。これは一本の矢だとたやすく折れるが、三本まとまると容易には折れない。それをもって結びつきの強さ、結束することの重要性を諭したという。毛利家に伝わるこの三本の矢の教えにより、三兄弟の結束は強く、毛利家、吉川家、小早川家の結びつきは、乱世の下剋上に見られる裏切りもなく幕末まで安泰し、明治維新の一翼を担うことになる。戦国時代は群雄割拠とも言い換えることができる。こうした状況は現在の治療家を取り巻く環境と類似するように思う。個人経営の治療家は一国一城の主であり、経営手腕は殿様である治療家自身にかかってくるのであるから。

一本目の矢とは何か?

 では治療家を支える三本の矢とは何であろうか? 辻本氏はカイロプラクターであるが、その教えにはカイロプラクティックに限らず、その他の治療法にも応用が利く。三本の矢とはロジカル、クリティカル、ラテラル・シンキングのことである。こと言葉だけではわかりにくいので、それぞれの概略を示す。まずはロジカル・シンキング、これは論理的思考のことであり、主張と結論がつながっていることを言う。三段論法がその最たるものである。
1. 人間は死ぬ
2. 私は人間だ
3. だから私も死ぬ
 これが一本目の矢、論理的な思考であるロジカル・シンキングだ。しかし前提の置き方はロジカル・シンキングでは教えてくれないのである。これは治療家にとって由々しき問題だ。治療の前提になる事柄が間違っていれば、治療も的外れになるのであるから。例えば腰痛の患者のL3が原因と思って検査しても、本当はL3ではないかも知れないのである。そうした思考に陥れば、せっかくの検査も無意味なものになる。

二の矢、三の矢の重要性

 一本目の矢であるロジカル・シンキングを生かすには、二本目の矢であるクリティカル・シンキングが必要だ。クリティカル・シンキングには3つの基本があり、
1. 目的は何か
2. 問い続ける
3. 自他の思考の癖を考慮する
の3つを常に考えることが必要になる。
 患者に対して何を目的としてやっているのか? ということを常に忘れないこと。問い続けることは常に思考を止めないことと同義である。思考の癖は厄介であるから、常にバイアスをかけて診てしまうことを意識しておくことだ。平たく言うと、治療家は皆それぞれ思考の癖や思い込みがあるから、色眼鏡で患者を診てしまうことがある。「それを忘れるな」ということだ。これが二の矢である批判的思考(クリティカル・シンキング)である。
 三の矢である水平思考(ラテラル・シンキング)は端的に言うと解決を生む。前提条件を徹底的に疑うことで、多角的な視点で問題解決につながるのである。一の矢である論理的思考(ロジカル・シンキング)を組み合わせることで、幅広い思考をすることができる。治療家にとっての問題とは何であろうか? それは患者を治せるか、治せないかになる。つまり患者の納得するサービスを提供できるかどうか?が問われるのである。

昨今の流行りに抗うには

 治せるようになるにはどうしたらいいのか? SNSやWebの広告だと、「○○をやれば治る」「○○の症状がたった〇〇秒で解消」とか、「○○の操作で○○の効果がある」など。心をくすぐられるキャッチコピーが並ぶ。セミナーを開催するのも商売だから、入り口はキャッチーなものが当然ながらウケはいいだろう。入り口はそれでも良いと思うが、出口はどこにあるのか?
 辻本氏は治せない治療家を分析する。それによれば、キーワードは特定診断と除外診断である。治せない治療家は除外診断を無視している。つまり陰性所見を大事にしていないのだ。症状の「ある」「なし」は確かに大事な要素であろう。しかしながら、そうした陽性所見ばかりに目を取られていれば、見逃しも多くなるのである。なぜ、その症状が出てくるのか? どうやったら、その症状が出るのか? この視点を持つことが重要なことである。プロとして息の長い治療家としてやっていくには、何が必要なのか? こうしたクリティカル・シンキング(批判的思考)を持ち続けることが肝要だろう。

生き残るには武器(技術)の優劣より考え方

 毛利家の三本の矢の教えは生き残りの本質を伝える。種子島と呼ばれた鉄砲が伝来し、戦闘が近代化していく中で幕末まで生き残ったのは、武器の優劣ではなく、つながりの強さであった。これと同じく先に紹介した3つの考え方は、どんな状況になっても利用できるし、治療家にとって武器である治療方法が、どんなものであれ応用が効く。三本の矢はどれもが独立して存在しているわけではなく三本で一つなのである。つまり相互に関連しており、どれが欠けても徒手療法における分析、診断はできないのである。

すべてに絶対はないから考えろ

 シリーズの1回目は概論としての治療に対しての重要な思考を示した。辻本氏は「徒手検査は、感度、特異度、どちらかに偏っている、だからいろいろな検査を必要に応じて行わなければならない」と結ぶ。徒手療法を行う上での心構えは以上である。
コロナ禍の今、感度、特異度に振り回されている人も大勢いる。感度、特異度を考慮すると検査に絶対はない。だからこそ三本の矢の重要性が見えてくるではないか。現実に起こっていることをそれに当てはめてみれば、自ずと答えは見えてくるし、振り回されることもないだろう。一方通行の情報を鵜呑みにするだけでなく、考えるのを止めてはいけないのだ。
 子供の頃、よく「テレビばかり視てると馬鹿になるよ」と言われたが、情報を受け取るだけでなく吟味しないといけない、ということを含んでいたのだろう。今になってその意味がよくわかる。


丸山正好による「局在神経学講座」、 東京、大阪でそれぞれのシリーズ再開

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、3月から4カ月間、開催を延期していた丸山正好による「局在神経学講座」。東京は「痛み」シリーズの2回目が712日に、大阪は「神経局在診断を読む」の第期第1回が719日にそれぞれ開催された。

 

 東京には北は北海道北見市、南は長崎・島原市から、またそのほかにも東京以外から継続して参加してくれている人たちがいる。しかし、コロナ騒ぎが大きくなるにつれ地方かたの参加者は、それがいかに日々の臨床のスキルアップであったとしても、おいそれと「東京に行ってきます」とは言えない雰囲気になってしまったようだ。それで2月に「痛み」シリーズの初回を開催したきり、これまで延期が続いていた。

 

 その間、531日からは「神経局在診断を読む」の第期分をWebセミナーとしてスタートさせ、お陰様でセミナーのための移動が要らないということが功を奏し、全国から多数の参加者を集め順調に滑り出すことができた。

 

 そうして、やっと感染拡大が収まりかけてきたと判断し、満を持して7月からの再開を決めた途端、また感染者が増え始め、特に東京の増え方は尋常ではなく、地方からの参加者たちはまた様々な理由で参加することができなくなり、想定していた通りの少人数での開催となった。

 

 野球、サッカーではないが定員の半数以下の参加で、いつもよりスペースに余裕ができディスタンスも守れ、講師はフェイスシールドを着用、窓を開け換気をしながら消毒の準備もしての開催だった。講師も久しぶりのLIVEで熱が入り、終了後は心地良い疲れを感じているようだった。

 

 大阪は1週間後の19日、東京の感染者はさらに増え、大阪も増え始め、ますます予断を許さぬ状況になったが、東京同様になることを願い決行した。4か月ぶりの開催、第期のスタートだったので、主催者として現地へ足を運ぼうと思っていたが、東京からというのは招かれざる客になりそうだったので見合わせることにした。

 

 そうこうしているうちに当日を迎え、蓋を開けてみると数人のキャンセルで収まり、「活気が戻った感じだった」と講師、当日の運営をお願いしたラルゴの古賀氏、急きょ動画撮影をお願いしたハブクリエイトの北川氏から聞いて、ほっと胸を撫で下ろすことができた。

 

 8月以降、感染拡大がどのように推移するか全く見当もつかないが、講師、主催者とも、基本的には対面型のセミナーをイメージしている。いつ開催となってもいいように、常に準備万端整えておこうと誓っている。


古谷真人氏によるセミナー受講者のための無料リモートセミナー

 東京では「軸トレ塾」および「同 臨床編」、大阪ではラルゴの主催による「フルタニ・大阪セミナー」の講師を務めているチーム・フルタニ(代表:古谷真人)は、この4月からチーム得意の受講者全員参加型のセミナーを、新型コロナウイルスの影響により延期、中止の判断をせざるを得なかった。

 そこで古谷氏は、せっかく申し込んでくれた受講希望者に対し、何かリモートで伝えることができたらと、東京は426日、524日と、大阪は67日、75日と、正午からの約2時間、無料のリモートセミナーを開催した。

 はじめのうちはZoomというアプリに、ホストも招待者も慣れていないため、思ったように進行することができない部分もあったが、最近はモデル、カメラ担当者の並々ならぬ工夫の賜物によってデモも取り入れ、かなりスムーズな流れになっている。受講者からの評価も上々である。

 このコロナ騒ぎがいつ収束するのか全く見当がつかない状況だが、「今後は常に対面型のセミナーを開催するイメージを持ちながら、リモートで伝えられる部分はそこを上手く活用する形で、セミナー内容の構成を考えていくことになるね」と古谷氏は語っている。


小倉毅DC,PhDが「Dr.オグラの臨床相談オンラインサロン」を開設


代替療法の世界 第20回 「足し算、引き算-カイロプラクティック栄養学を学んで」

ちぐはぐだらけの飽食時代を生きる日本人

食うや食わずの生活をしていた時代はとうの昔。今は何でも食べられるようになった。むろん世界では1日1ドル以下で生活をしている人たちもいる。しかしながら多くの日本人は飽食時代を生きている。テレビでは、やれスイーツ特集や大食い番組などを放送する。一方ダイエット番組なども盛んだ。マッチポンプ、ここに極まれり。マッチポンプとは片方で火をつけ、片方で消火するという意味である。これを当てはめると現代人にとって飽食の時代は食べながら痩せなければならないから忙しい限りだ。生活習慣病も身近な問題になってしまった。

何でもかんでも食べれば良いのか!?

一般的に食はどうとらえられているのだろうか。医食同源という食養の大切さを説いた言葉がある。食べたものが血となり肉となり身体をつくる。当たり前といえば当たり前の話だが、食養生なんてことは考えなくても自然に行われてきたのである。しかし飽食の時代はそうもいかなくなってきた。
 生活習慣病を予防するために専門家が出てきて各種の食品の有効性を説明する。マスコミも当然こうした風潮に乗っかるから、テレビをつければ健康番組などでは何々という食品は血圧に良い、はたまた血糖値を下げる効果がある等々。健康雑誌でも特集を組んで紹介する。CMなんかでは健康食品をいまだに半額とか、低価格で一家族3袋までとか、あの手この手で売り込みをかける。健康商売と言ってしまえば身も蓋もないのであるが、いやはや商魂たくましい。あれを摂ったら良い、これも体に良いという。世に出回っている健康に関する栄養学のほとんどは足し算の栄養学である。

知らぬは、患者も治療者も同じ

和泉宏典DCのカイロプラクティック栄養学では、これら足し算の栄養学とは一線を画す。食べ物を効率的に体内に取り込むには消化、吸収、排せつが必要になる。中でも特に「排せつ」に着目する。
 神経活動にはNaポンプ、Kポンプに代表される脱分極が欠かせない。ホメオスタシスは素晴らしいシステムだが同時に盲点もある。その恒常性を維持するためには他の組織を踏み台にする。欠乏した細胞外液(血液)のカリウムを維持するためには、細胞内液のカリウムを血液中に持ってくるのだ。血液中のカリウムをいかに減らさないようにするか、が大事なのである。このカリウムを排出させてしまう飲食物がある。つまり何を摂るかではなく、何を摂らないかが重要になってくる。
 カイロプラクティック栄養学は足し算の栄養学ではなく引き算の栄養学である。多くの不定愁訴を訴える患者は、知らず知らずのうちにこうしたカリウム欠乏の状態に陥っているのだ。血液検査の結果を鵜呑みにしてはならない理由がここにある。つまり医療機関で「何も問題がないですよ」と太鼓判を押されても、不定愁訴をもっている患者は問題が山積みになっているのである。

手遅れになる前に

ではカリウム欠乏になると何が起こるのか? 細胞からはカリウムが枯渇するために脱分極が上手く行えなくなる。神経細胞が発火しやすくなり疲弊して交感神経の亢進が起こる。交感神経過緊張により、相対的に副交感神経の活動低下が起こる。副交感神経が働かなければ、消化、吸収、排せつといった生命維持に必要なシステムも上手く働かなくなる。こうして悪循環に陥ってしまうのである。
 一般的な医療ではこうしたカリウム欠乏に対しては、ほとんどと言っていいくらい対処方法がない。一般的にカリウムが枯渇することはないと考えられているし、ホメオスタシスの働きでよっぽど悪くならないと血液検査での異常値は表れないのである。検査で異常値が見つかったら「時すでに遅し」の状態なのだ。

中身は難しいが、コンセプトは単純明快

和泉DCは不定愁訴(病気ではない症状)には原因があるという。それは3つあって、精神的ストレス、肉体的ストレス、化学的ストレスである。カイロプラクティック栄養学では化学的ストレスに焦点を当てる。カイロプラクティックのケアで肉体的ストレスの除去はできるだろう。それによって愁訴が減少すれば、それに越したことはない。しかし改善しない場合も当然あるだろう。そうした場合には上記の3つの要因が不定愁訴を改善させるカギになる。
 精神的ストレスを減少させるには仕事を辞めたり、思い切った環境の変化が必要になるから現実的には厳しいだろう。化学的ストレスである栄養、つまり食生活の改善は、やる気があればできることである。これはカイロプラクティック栄養学の単純明快な理論であり、3つの要因のうち2つの要因を除去できれば、不定愁訴も軽減する可能性が高くなるということだ。栄養が身体に及ぼす影響を理解するのは容易な作業ではないが、患者に根拠と自信を持って栄養指導ができるようになれば、大いに助けになることだろう。

目から鱗が落ちる情報ばかり

栄養学クイズをいくつか出そう。
1. カリウムを欠乏させてしまう飲食物を3つ挙げよ!
2. カリウム欠乏により特異的に硬くなる筋肉はどこか?
3. ポテンジャーソーサー(胸椎前弯が強くなり上胸背部が凹み、水が溜まる皿のように見える状態)はどのような栄養状態で起こるのか?
4. 迷走神経を賦活させる3つの動作とは?
5. 産後うつの要因として三大栄養素の何が原因か?
6. 補水液やクリームを塗っても肌がカサカサする原因は?

上記のクイズは1回目と2回目の講義内容から抜粋して作ってみた。カイロプラクティック栄養学が果たす役割は、美容から健康に至るまで多岐にわたる。カイロプラクティック栄養学に興味のある方は今からでも遅くはない。幸い2週間限定だったセミナー動画の視聴が、和泉DCの配慮で10月以降に予定されている次回シリーズの直前まで視聴できるようになった。このチャンスを見逃す手はない。カイロジャーナル・ドットコムに連絡してみることだ。カイロプラクティックに限らず代替療法に携わる人には必須の学問だと思う。気になるクイズの答えはセミナー動画で確認して欲しい。


代替療法の世界 第19回 「楢山節考(ならやまぶしこう)」


丸山 正好による「局在神経学講座」が東京会場、大阪会場でそれぞれ再開されます。

コロナ禍の影響で長らく中断しておりました、丸山 正好による通常のセミナーが、いよいよ7月12日(日)東京、7月19日(日)大阪より再開されます。
東京会場は既に4期目に入り、新テーマ「痛み」を2月からスタートしており、2回目からとなります。より現場で役立てる知識をマスターできます。
大阪会場は第2期、神経学アプローチを行う上でのベースとなる局在神経学講座をアップデートした内容で講義を進める予定です。

セミナー情報

元、落ちこぼれセミナー受講生だからわかる学びのツボ!!
増田 裕D.C. D.A.C.N.B.に師事し神経学的アプローチを主軸とする丸山 正好が年間シリーズセミナーで神経学的アプローチをするための基礎を伝えます。
約1年間(全13回から15回)にわたり、神経局在診断を読み解きながらテーマごとに基礎的な神経学をベースに神経学的アプローチの視点を取り入れて講義を進めます。
さらに、「末梢神経絞扼障害」と「痛み」をそれぞれの年間シリーズセミナーとして追加。治療家として重要な神経学を一緒に極めて行きましょう!

会場住所料金(税抜)詳細
東京科学新聞社6階
(東京都港区浜松町1-2-13 江口ビル別館)
14,000円
(資料・昼食代込)
セミナー情報
大阪新大阪丸ビル新館
(大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27)
15,000円
(資料・昼食代込)
セミナー情報

カイロジャーナル(本紙)の紹介

カイロジャーナルは、1989年7月に科学新聞社のカイロプラクティック事業20周年を記念して創刊し、今日に至るまで一貫してカイロプラクティック、オステオパシーなどの徒手療法の無料専門紙として、その時々のフレッシュなニュースを皆様にお届けして参りました。
昨年で25周年を迎え、記念イベントとして、セミナーや講演などを開催致しました。
当サイトCHIRO-JOURNAL.COMでは、カイロジャーナル本紙(年3回/2月、6月、10月発行)発行後、その一部記事を掲載しています。本紙のお届けをご希望の方は下記のフォームよりお申し込みください。

カイロジャーナル(本紙)ではこれ以外にも様々なトピックスを掲載しています。

カイロジャーナルのお届けは無料です。興味の有る方はコチラの入力フォームからお申し込み下さい。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事