接続環境について | カイロプラクティックジャーナル

  接続環境について

カイロプラクティック、オステオパシー、手技療法の最新情報、セミナー案内、関連書籍・DVDの販売

カイロジャーナル TEL.03-3434-4236 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-13江口ビル別館

接続環境について

必要機材

1. パソコン

パッドやスマートフォンからでも行うこともできますが、モニターで受講者を確認しながら講義をするためには15インチ以上のモニターを持つパソコンをお勧めします。

2. ヘッドセットまたはマイクロフォン(マイク)付きヘッドフォン(Bluetooth対応)

パソコンに内蔵のマイクロフォン(マイク)、カメラも使えますが、講師が移動する講義ではBluetooth対応のものをお勧めします。生活音も拾いづらく、受講者の声もクリアに聞こえます。

3. 外付けWebカメラ

動きながら講義やホワイトボードを使った講義には広範囲をカバーする外付けのWebカメラがお勧めです。(例1参照)

あればさらにいいもの

4. ホワイトボード

「Zoom」の機能にホワイトボードがありますが画面の切り替えが必要となります。

インターネット接続環境

通常のインターネットが使える環境があれば十分に開講できます。ただし、接続料が従量課金制(使用したデータ量によって料金が変わる)の場合、多くのデータをやりとりするため高額請求される場合があります。データ量に制限のない契約をお勧めします。

facebook公式ページへのリンク

長期連載中の記事

過去の連載記事